さかなつり子の部屋

万年ダイエッターの二児のオカンブログ

2歳の娘は55ピースのパズルを一人で簡単に作ってしまう。

f:id:nonpiri24:20190212221206j:plain

こんばんは、二児のオカンのさかなつり子です。子育てしていると、皆さん少なからず一度くらいは「我が子はもしや天才か!?」と思った経験があるのではないでしょうか。実は私も先日、まさしくその体験をしてしまいました。すみませんが、これから始まる親バカ発言をどうぞ温かく見守ってください。

スポンサーリンク

 

パズルが好きな娘

2歳1か月の娘は、今ジグソーパズルにハマっています。お兄ちゃんが昔遊んでいた機関車トーマスのパズルと、新しく買ってもらったアンパンマンのパズルがお気に入りです。

f:id:nonpiri24:20190127222405p:plain

f:id:nonpiri24:20190127221928p:plain

初めの何回かは私も一緒に作るのですが、数回すると一人でできるようになり、その後は、作ってはバラバラにし、また作ってはバラバラにしてを毎日繰り返しながら遊んでいました。

8歳になるお兄ちゃんが、小さい頃からとにかく集中力のない子で(今も)、室内でじっと何かをするよりも外遊び命!なタイプだったので、パズルを黙々とする娘を見ながら、「同じ遺伝子なのに不思議だわ・・・」と思っていました。ただこの時点では、集中力はあるけれど、特に「天才だわ!」と思うことはなく過ごしていたのですが・・・。

事件は起きました。そう、「我が子は天才か!?」と思う事件が。

パズル中に事件は起きた

夕食後、いつもようにアンパンマンのパズルをしていた娘。その隣でダラダラしていたお兄ちゃんが、たまたま裏返ったピースを手に取り、「これどこやろ~」とつぶやいたんです。すると、間髪入れず娘が「じゃむおじさん、ここ!」とパズルの正しい場所を指差したんです。

・・・ん???

しばし流れる変な空気。

ちょっと待って、今何が起こったの・・・?

娘が見たのは、確か裏返ったピースだったはず・・・。

まさかね・・・と思いながら、もう一枚裏返ったままのピースを娘に見せ、「これ何の絵?」と質問。

娘はすかさず「しょくぱんまん!」

私&お兄ちゃん:「えぇぇぇぇ~~~!!

スポンサーリンク

 

 

そのあと、何回も裏返したピースを見せました。

 

私:「これは?」

f:id:nonpiri24:20190127222744p:plain

娘:「ばいきんまん!」

 

☟正解!

f:id:nonpiri24:20190127222825p:plain 

 

私:「これは?」

f:id:nonpiri24:20190127223129p:plain 

娘:「ちーず!」

 

☟正解!

f:id:nonpiri24:20190127223201p:plain

 

私:「これは?」

f:id:nonpiri24:20190127224318p:plain

娘:「どきんちゃん!」

 

☟正解!

f:id:nonpiri24:20190127224406p:plain

 

アンパンマンのパズルだけたまたま形を覚えているのかなと思い、ふいうちでトーマスのパズルで試してみました。

 

私:「これは?」

f:id:nonpiri24:20190127223632p:plain

娘:「ごーどん!」

 

☟正解!おぉ~~!!

f:id:nonpiri24:20190127223726p:plain

 

私:「これは?」

f:id:nonpiri24:20190127223831p:plain

娘:「とーます!」

 

☟正解!お見事すぎる~~~!!!

f:id:nonpiri24:20190127223927p:plain

 

「ちんあなご」☟とか、「海坊主(キャラ名不明)」☟とか、

f:id:nonpiri24:20190127224041p:plain

難しいものの名前は答えられないものの、パズルをはめる場所は「ここ!」と教えてくれ、見事すべて正解でした!お兄ちゃんと顔を見合わせ、「すごすぎるわ~~!何なんこれ~~~!!」と驚愕しきりでした。

お兄ちゃんよ・・・。いつもアホみたいなちょっかいばっかり妹にだしているけど、今回の「ちょっかい」はなかなかの「ナイスちょっかい」だったわ!裏返したピースを見せるという行為がなければ、娘のこんな才能に気付くことはなかったはず。あっぱれ、お兄ちゃん!!

さいごに

「我が子がもしや天才なのかも」と気づいてしまった時、親は一体どうしたらよいのか・・・。IQテストをしたら、もしやIQ200を超えているのでは・・・。東京大学に行くことになったらどうしよう・・・。ノーベル賞を取ってしまったら・・・・・・。

はい、すみません。親バカタイムにしばしひたっておりました。とにかく今は、パズルを純粋に楽しんでいるようなので、一緒にパズルライフを楽しむことにします。また、パズルで「おぉ~!!」と思う出来事があれば書きますね♪

子育ては、イライラするし、角も生えるし、カミナリも落ちまくるし、もう「キィ~~~!!!」ってなることばっかりだけど、その分、子ども達の新しい一面に気付いたり、面白い発見ができたりと、全くもって飽きません。子ども達が持つ無限の可能性に刺激を受けながら、私も自分の人生を悔いないものにできるように歩んでいきたいなぁと思います。

スポンサーリンク