みんな違ってみんないい

ガサ男(もうすぐ8歳)は「超」がつくほどの恐がりです。

私がガサ子(1歳)に「ねないこだれだ」を幽霊チックな声で読むだけで、「止めて!寝られなくなる!!」と阻止しに来るくらい。

なので、日常生活でも当然怖くて苦手なことがあります。

 

例えば、奥の部屋に着替えを取りに行くときも、

f:id:nonpiri24:20180227123742p:plain

トイレに行くときも、

f:id:nonpiri24:20180227124614p:plain

ことあるごとに、ガサ子を引き連れていきます。

 

ガサ子よ。

1歳にして、7歳のボディガードを担ってくれてありがとう!

怖がりにぃにをこれからも守っておくれ!!

 

ガサ男が嫌いなのはお化けだけではありません。

虫も大の苦手。

セミやバッタを捕まえるのは好きだけど、家庭によく出没する虫が苦手。

コバエ、ハネアリなどなど。

私も虫が超絶苦手だけど、これくらいの小さな虫ならなんとか平気!

ティッシュで捕まえて、外にポイって逃がします。

 

が、一方ガサ男は、部屋にコバエが飛んでいようものなら、

「キャ~~~~~」

サスペンス劇場顔負けの悲鳴をあげながら逃げます。

 

これから虫達が活発に動き出す季節。

もし、部屋にデカい虫がやってきたらどうしよう・・・。

カナブン、カメムシ、ゴキブリ・・・(涙)

 

が、そんな我が家にも頼れる救世主がやってきました。

その名もガサ子。

本職:にぃにのボディガード 

プラス、最近副業も開始。

副業:虫のおっぱらい

 

コバエに慌てふためく兄を横目に、虫めがけてタッタッタッと駆け寄ると、器用になってきた指を駆使して、標的の確保に取りかかります。

f:id:nonpiri24:20180227123759p:plain

た、頼もしいぃ~!!

何、この頼もしさ!!!

惚れるっっ!!!!!

 

が、いかんせん、1歳。

このままほおっておくと、確実虫が潰されます。

最後の確保はやはり母の仕事。

大事な命ですものね、外にちゃんと逃がしますよ。

 

ガサ子よ。

もう少し大きくなったら、虫対応はすべてお願い!!

期待して待ってる!!!

 

家から一歩出たら、カッコつけのガサ男。

学校では、虫が嫌いな素ぶりは絶対見せないんだろうなぁ。

でも、私は知っているよ。

怖がりだけど、それ以上にとっても優しいあなたのことを。

 

道端に、踏まれて死にかけのカマキリが一匹。

人の往来が激しく、このままではまた踏まれてしまいそう。

私はそれに気づきながらも、そのまま立ち去ろうとした時、ガサ男はすばやくカマキリのもとへ。

優しくつかむと、そっと草むらの中においてあげました。

 

威勢のいい強さよりも、あなたのような優しさをもつ人を、私は一番尊敬します。 

 

☟☟☟ランキングに参加していますので、クリックしていただけると嬉しいです☟☟☟

にほんブログ村 子育てブログへ