【現役小1ママの経験談①】小学校入学に際し役立つ情報~学用品編~

 

もうすぐ4月。

年長さんはいよいよピカピカの小学1年生になりますね。

新しい門出を前に、子ども達はもちろん、親御さんもドキドキワクワクしながら過ごされているのではないでしょうか。

かくいう私の長男も現在小学1年生です。

第1子ということもあり、すべてが初めての経験で、とまどうことや不安に感じることも多々ありました。(今も毎日色んな壁にぶつかっています)

今回、小1ママとして体験したことや得た知識などから、「小学校入学に際し役立つ情報」をいくつか厳選してお伝えしたいと思います。

少しでも皆さまのお役にたてれば幸いです。

学用品編

最近の小学校では、子ども達が授業に集中できるようにシンプルな文房具の購入を推奨しているところも多いようです。

実際、長男の小学校でも、入学説明会時に「授業の妨げとなるような華美な文房具は避けるように」と説明がありました。

でも、この説明だけでは実際にどのようなものを揃えたらいいのか、いまいちわかりにくいですよね。

そこで、長男のクラス(全26名)を例に、子ども達がどのような学用品を使っているのかご紹介したいと思います。

筆箱

ポケットモンスター サン・ムーン モンスターボール柄

長男が使用している筆箱です。真っ黒に見えますが、一応ポケモンのモンスターボールの柄が描かれています。

 

長男のクラスの子ども達(全26名)は、ほぼ全員が両開きタイプの筆箱を使用しています。

デザインは、シンプル派とキャラクター派で大体半分ずつくらいです。

キャラクター派で人気があるのは、

男の子:妖怪ウォッチ、ポケモン

女の子:ディズニー、サンリオ

が多いです。

☟こんな感じ☟

 

                               

        妖怪ウォッチ  

                               

       ポケットモンスター

       ディズニー プリンセス

 「華美な文房具は避けて」と説明があったわりには、半分くらいの子ども達は結構派手目な筆箱を使っています。 

ただ一つ言えることは、授業参観などで子ども達の様子を見ていると、文房具がシンプルでも派手でも、集中できる子はするし、できない子はしません。

現に、長男の筆箱はシンプルですが、先生の話をいつもあまり聞いていません…。

小学1年生にとって、文房具は特別でとても嬉しいものだと思うので、じっくりお子さんと相談しながら選んでくださいね。

鉛筆

書きやすい三角軸もしくは六角軸のものであれば、デザインは何でもいいと思います。

キャラクターは嫌だけれど、シンプルすぎるのもちょっと・・・という方は、下図のような動物柄の鉛筆もありますよ。

トンボ鉛筆 ハローネイチャー (可愛い動物のイラスト全6柄×各2本ずつ)

長男が入学当初使っていた鉛筆です。友人から入学祝いでもらいました。

1本1本、とても可愛いデザインです。

 

また、普通の鉛筆の太さでは持ちにくい(字が書きにくい)場合は、公文の「こどもえんぴつ」がおススメです。

通常の鉛筆より形状が太く、幼児でもとても持ちやすいです。

長男も入学してしばらくの間は、こどもえんぴつを使っていました。

(太いので、専用の鉛筆削りが必要です)

        

      こどもえんぴつ2B    

 

      

    こどもえんぴつけずり 

小学1年生の鉛筆の減りは、とにかくびっくりするくらい早いので、何本あっても困りません。 

ちなみに、文房具はすべてに記名が必要です。(なかなか面倒くさい作業)

購入時に名入れができるものもあるので、プレゼント用としてもおススメですよ。

トンボ鉛筆 ハローネイチャー ~名入れ用~

下敷き

鉛筆同様、デザインはなんでもいいと思います。

おススメしたいのは下敷きのサイズです。

一般的な下敷きはB5サイズです。

小学校で使うノートやドリルもほとんどはB5サイズですが、中にはA4サイズのドリルも数冊あります。

B5の下敷きを使っていると、当然文字がガタっとなることがあります。

もし購入がまだでしたら、「大は小を兼ねる」でA4サイズがおススメです。

長男も途中でA4サイズの下敷きを買いなおしました。

    A4判 色透明下敷 緑

鍵盤ハーモニカバック

鍵盤ハーモニカ自体にハードケースがついていますが、落としたり、壁に擦ったり、ぶつけたりするとすぐに傷がついてしまいます。

また、鍵盤ハーモニカの宿題も結構あるので、持ち運びする頻度も多いです。

そこで、傷防止&持ち運びやすくするために、ハーモニカバックがおススメです。

長男のクラスは、2/3くらいの子がハーモニカバックを使っています。

ちなみに、長男はまだ持っていません!

「買ってほしい」とだいぶ前に言われていたのに、これを書くまで忘れてました。

(長男よ、ゴメン)

鍵盤ハーモニカケース(出発進行スーパーエクスプレス

鍵盤ハーモニカケース(きらきらリボンのジュエリーボックス

 

  

はらぺこあおむし ピアニカ袋の手作り材料セット(作り方付き)

水筒

(学用品ではありませんが、参考程度に)

長男の小学校では、希望する生徒は水筒を持っていくことができます。

学校に飲料用の水飲み場はあるものの、夏場の暑い時期はクラスのほぼすべての子が持ってきています。

洗いやすさの点から、手を中まで突っ込んで洗うことのできる広口タイプの物がおススメです。

また、小学生になると、放課後などに友達と水筒を持って遊びに行く機会も増えるので、肩にかけられるボトルポーチがついたタイプが持ち運びしやすいと思います。

長男のクラスは、

男の子:スポーツタイプ、1Lサイズ

女の子:やや小ぶりでコップ付

の水筒を使っている子が多いです。

   

タイガー 水筒 1L 直飲み ステンレス スポーツ ボトル ポーチ付き

 

   

タイガー 水筒 800ml 直飲み コップ 付 2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き

 

学用品編まとめ

入学に必要な学用品の中から、おススメの物をいくつか厳選してご紹介しました。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。 

入学するまで、校風や他の子ども達の様子などわかりにくい部分も多いので、はじめはシンプルなもので揃えて、学校生活に慣れてきたら徐々に、キャラクターデザインなど子どもが好きなものを選ぶというのも一つの方法だと思います。

我が家も、入学当初は無難なもので揃え、鉛筆や消しゴムなどの消耗品は、徐々に長男の好きなデザインにシフトしました。

小学1年生にとって、お気に入りの文房具を持つことは、それだけでテンションがあがるようです(^^)

もし他にも、何か学用品関連でご質問などありましたら、コメントや問い合わせなど気軽にしていただければと思います。

 

次回は、「小学校生活編」についてご紹介したいと思います。

また読んでいただければ嬉しいです♪