かるた大会での涙

ガサ男の通っている小学校では、毎年この時期に「かるた大会」が行われます。

かるたといっても、可愛らしい絵が描かれた子ども向けのものではなく、『いろはかるた』という古典的なかるたです。

い:犬も歩けば棒に当たる

ろ:論より証拠     等々

 

かるた大会に向けて、冬休みの宿題に「いろはかるたの音読練習」があるので、ガサ男も毎日読んでいました。

「門前の小僧 習わぬ経を読む」

「三遍回って 煙草にしょ」

 

む、むずかしい!

36歳・社会人の私、恥ずかしながら知らないものがたくさんある!!

ガサ男の音読を聞きながら、私も密かにお勉強・・・。

 

初めはたどたどしかったガサ男の音読は、冬休みが終わる頃にはスラスラと読めるようになりました。

そしてある時、何気ない日常会話の中で・・・

 

ガサ男:「それ、下手の長談義やん!」(ドヤ顔)

私:!?

・・・ガサ男よ、ごめん。お母さん、その意味知らない。

使い方があってるのかどうかも定かではない・・・。

でも、ドヤ顔が神々しく見えるくらいすごい!!

 

 

さて、かるた大会当日。

保護者も参観できるので、ワクワクしながら観に行ってきました。

 

1年生は全員で50人ほど。

いくつかのグループに分かれて取り組むのですが、みんなものすごく真剣!

バチバチと火花が散っています。

 

先生が読み上げるやいなや、「はいっ!」と一斉に飛び交う手!

みんな札をとるのが早い!

大人が混じっても、確実に子ども達に負けるでしょう・・・。

若い脳細胞、恐るべし!!

f:id:nonpiri24:20180120230426p:plain

ガサ男のグループは、ある男の子(A男)がめちゃくちゃ強くて、次々に札をゲット。

「A男がぶっちぎりで勝利するかも」と思っていたら、ある女の子(B子)が中盤から徐々に本領発揮。

取る、取る、取るっ!

B子の猛追を受けながらも、A男は「僕の方がまだ勝ってるから大丈夫~」と余裕の様子。

 

がしかし、途中からB子の勢いがさらにアップ。

バシっバシっとすさまじい勢いで札をゲット、ゲット、ゲット!

 

B子に取られる度に、どんどん表情が強ばるA男。

威勢の良かった声も、どんどん弱々しいものに・・・。

 

A男:「まだあと3枚勝ってる!」

 

A男:「あと1枚勝ってる・・・」

 

A男:「並んだ・・・・」

 

そしてついに逆転されてしまったA男。

 

その瞬間、A男は天を仰ぎながら「うわぁーん うわぁーーん」と泣き崩れました。

f:id:nonpiri24:20180121162754p:plain

A男の真後ろで見ていた私は、内心「どうなるんやろう・・」とハラハラ。

子ども達は「A男、泣かんときーや」と一言放つと、そのまま普通にかるた続行。

B子もA男の涙に目もくれず、札を取る手に容赦なし。

 

 

ポロポロ流れる涙を両手でぬぐいながら、A男も懸命にくらいついていく。

が、しかし、無残にも札はどんどんB子のもとへ。

取られるたびに、「うわぁーん、取られた~~」と大泣きのA男。

 

そしてついに最後の1枚。

 

さぁ、誰がとるか。

 

固唾をのんで見守っていると・・・

先生が第一声をあげるやいなや、バシっ!!

 

ラスト1枚、A男が見事ゲットしました。

B子の札数には及ばないけれど、最後の最後でまさに執念の一手。

 

その後、各グループの勝利者による一言発表では、

B子:「たくさん取れて嬉しかった。一番になれて嬉しい!」

と満面の笑み。

その姿を見つめながら、また涙が溢れてくるA男。

 

時間が少し余ったので、その他の子ども達も自由に感想を発表することに。

すかさず手をあげるA男。

 

先生:「A男くん、どうぞ」

 

A男:「初めは僕が勝っていたのに、どんどんB子さんに取られて、すごく嫌な気持ちだった。負けて悔しい。。。うわぁーーーーーーん」

 

 

===================================================================

大人から見たら、「たかがかるた」なのかもしれません。

 

でも、その「たかがかるた」に、あれほど真剣に取り組み、負けた悔しさをこれでもかと噛みしめるA男の姿に、私は本当に心を打たれました。

 

これだけ全身全霊をかけて打ちこめる何かを、私は今持っているだろうか。

全身全霊をかけて、打ち込もうと努力しているだろうか。

 

子どもたちに優劣を決めない、勝ち負けを求めない学校行事が増えてきている昨今。

でも、『負ける悔しさ』から学ぶことってとても多いと思うんです。

子どものうちに、『負ける悔しさ』『諦めない強さ』をたくさん経験することは、大人になる過程でとても大切なことだと思うんです。

 

A男、

心に収まりきらないくらいの、どうしようもないその悔しい気持ち、

きっとA男にとってとてもかけがえのない宝物になったと思うよ。

最後まで諦めずに勝負に挑み続けたA男の姿、本当にカッコよかったよ!

来年のかるた大会、A男の勇姿に再び会えるのを楽しみにしとくよ! 

 

 

 

いやはや、今回の育児絵日記は、「A男のかるた大会記録」になってしまいました(笑)

「どれだけA男を観察してるねん!」って感じですが、A男とはこの日が初対面です。。。

 

子どもたちの純粋なハートは、本当に色々考えさせられますね。

大人が学ばせられることが多いです。

 

そうそう、ガサ男の結果は7枚でした☆

A男を熱く見守っていて、ガサ男をあまり見ていなかったなんて、口が裂けても本人には言えません(笑)

 

☟☟☟ランキングに参加していますので、クリックしていただけると嬉しいです☟☟☟

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村