家族のイベント

還暦祝いにApple Watch|転倒検出や心拍計測機能があり安心!

こんにちは、かおる子です。

私の両親も60代後半になり、最近車の運転がややおぼつかなくなってきました。両親ともに、ジム、テニス、水泳にと毎日アクティブに過ごしているのですが、やはり加齢による影響は出てくるものです。

さて、最近こんな記事を読みました。

私の両親も外出の機会が多く、特に父親は趣味の写真を撮るために一人で行動する機会も多々あります。万が一の備えとしてApple Watchなどのウェアラブル端末があれば、とても心強いと感じました。

とは言っても値段が高い…。なかなか気軽にプレゼントできるものではないですよね。そこで、おススメしたいのが、「還暦」など人生の節目を祝う特別な日の贈り物として贈るのはいかがでしょうか。最近の60歳はまだ現役で仕事をされていたり、趣味にオシャレにと生き生きと生活されている方が多いですよね。アクティブに動ける時だからこそApple Watchを日々の生活で活用できるのだと感じます。

Apple Watchの機能

Apple Watchは利便性だけでなく、健康管理ツールとしても非常に優れています。様々な機能の中から、今回は高齢の両親がつける上で役立ちそうな機能をピックアップしてお伝えします。

心拍数を計測する

心拍数を1日中計測し、通常よりも高いもしくは低い心拍数を検出したらアラートを表示します。心拍の異常を自覚しない場合にも受診の目安になります。

転倒を検知する

転倒が検知されてから1分間なんの動きもなかった場合、着用者の位置情報も添えて自動的に緊急通報サービスに連絡することができます。

緊急通報できる

消防や警察が必要な時に通報することができます。海外(ほぼすべてを網羅)にいても緊急通報が可能です。

電話やメールができる

携帯電話通信機能がついているので、スマホを忘れて外出しても、電話に出たり、メールのチェックができます。

かおる子
かおる子
私の両親、スマホを忘れて外出することが多いのでこれは便利かも…。Apple Watchもつけ忘れたら困りますが…。

アクティブカロリーを計測する

仕事中の移動、散歩、サイクリング、ヨガ、水泳、ランニングなど、どんなワークアウトでも測定し、あらゆる動きによって消費されるカロリーを表示します。

競い合える

家族や友人とアクティビティを競い合うことができるので、運動のモチベーションアップにもつながります。

道案内ができる

地図アプリやナビアプリとの連携で道案内ができます。

これ以外にも、音楽を聞いたり、電子マネーで買い物をしたりと便利な機能がたくさんついています。スマホやタブレットを使いこなしている両親であれば、Apple Watchを使ってよりアクティブな生活を送れるのではないでしょうか。

さいごに

一昔前は、離れて暮らす両親の安否を確認するために、見守り機能付きのポットが流行りましたよね。この発想を思いついた人は本当にすごい…!!

私の父親が来年70歳(古希)を迎えるので、家族で盛大にお祝いしようという話が出ています。古希は紫色のものを贈るとされているので、紫色のApple Watchを贈ろうかなとひそかに思案中です☺今からApple Watch貯金を始めねば!!!貯まるかな…(-_-;)