子育て雑記

家庭訪問でお茶やお菓子は必要?気になる疑問を徹底解説☺

こんにちは、かおる子です。家庭訪問の時期になると色々気になることが出てきますよね。

かおる子
かおる子
先生にお茶は出す? タイミングは?
かおる子
かおる子
お菓子は必要?
かおる子
かおる子
先生に何を聞いたらいい?

今回は、そんな家庭訪問にまつわる疑問についてお伝えします☺

お茶を出す?

最近の家庭訪問は、玄関先で終わったり、住所確認のみで家庭訪問がなくなったという学校も増えてきているそうです。私の住む地域は、室内で10分ほど先生と話す従来の家庭訪問のスタイルで行われています。

お茶を出す?

私は毎回、普通にお茶をお出しします。ただし、先生は何件も家庭訪問にまわるので、無理してお茶を飲む必要はないことを伝えます。

かおる子
かおる子
「色んなご家庭でお茶を飲まれていると思うので、無理して飲まないでくださいね」のような感じで伝えています☺ 

タイミングは?

先生が着席されたらすぐに出すようにしています。私はその日の気温によって、常温のお茶にするか、氷入りの冷えたお茶にするか、急須で入れた温かいお茶にするかを決めています。

急須で入れる場合も、家庭訪問の予定時間前にお茶の下準備をしておき、先生が来たら待たせる時間がないようサッと出せるようにしています。じっくり時間をかけていると、先生に「飲まないといけないかな・・・」というプレッシャーを与えかねないので注意です。

かおる子
かおる子
多い時は1日10件ほどまわることもあるので、先生も時間におわれています。お茶の用意で時間がとられるのは避けたいですね☺ 

接待不要というお便りが出ている場合

事前に学校から「接待不要」のお便りが出ている場合は、お茶は出さないでいいと思います。ただ、先生が帰る際に「お茶もお出しせず申し訳ありません」と一言添えるとスマートかもしれません☺

お菓子は必要?

お菓子は不要です!上述したとおり、先生は何件も家を回る必要があるので、話が終われば予定時間に遅れないように次の家に向かいたいはずです。なので、お菓子をゆっくり食べている時間はありません。

かおる子
かおる子
学校側からも受け取らないように周知されているはずです☺

何を聞く?

限られた時間内になるべく終わることができるよう、質問内容は事前にメモにまとめておくことをおススメします。

かおる子
かおる子
家庭訪問のそもそもの目的は、子ども達の通学路の把握や周辺の安全チェック、何か起きた時に迷わず家に行くことができることなんですよ☺ なので、先生との話が長々とならないよう準備しておくことが大切です

とは言っても、実際先生と何を話せばいいか迷いますよね。伝えた方がよいこと・聞いた方がいいことについていくつか例を挙げるので、よければ参考にしてくださいね☺

健康面に関すること 持病やアレルギーなど、生活面で気を付けなければいけないことについて伝えましょう。
個性や特性について 好きなこと、得意なこと、苦手なことについてや、性格(恥ずかしがり屋、注意散漫など)について伝えましょう。
学校での様子について 担任になって日が浅いので、まだ子どものことを把握できていない場合も多いと思いますが、友達と仲良く過ごしているか、授業や先生の話に集中できているかなど、聞きましょう。
気になること 親から見て子どもの気になるところを先生に伝えておくと、何かいいアドバイスをもらえたり、学校でも気をつけてみてくれると思います。人の話を集中して聞けない、宿題をなかなかやらない、忘れ物が多い、ゲームやテレビを見る時間を守れない、好き嫌いが多い等々です。

さいごに

家庭訪問や個人懇談会の場で、「何か質問は?」と聞かれても咄嗟に思いつかない場合も多々ありますよね。なので、日頃から気になることや先生に聞いてみたいことが頭に浮かんだ時は、すぐさまノートやスマホのメモ帳に記載しておくことがおススメですよ☺

学校という環境で子どもがどのように生活しているのか、第三者からみた子どもの姿はどのようなものなのかを知ることで、今後の子どもとの関わりにおいてとても重要な気づきや発見を得られると思います。

かおる子
かおる子
先生の協力を得ながら子供の成長を見守っていけると心強いですね☺
夏休みの自由研究|小学生におすすめの面白いテーマはコレだ!こんにちは、かおる子です。夏と言えば夏休み。夏休みと言えば宿題。宿題と言えば後回し・・・。もとい、夏休みの宿題と言えばズバリ『自由研究』...