子育て雑記

『学校でうんち』の強い味方!トイレ用携帯型の消臭スプレーがすごい

こんにちは、かおる子です。

毎日快便の私ですが、平日はなぜか家ではウンチが出ません。どこで出るかって?それは、職場です。さすがにアラフォーともなると、出産やら痔の手術やらで、恥ずかしい部分を皆様の面前にさらけ出してきたので、職場でウンチをすることくらいどうってことないのですが、でもやはり心の中には今でも可憐な乙女がいるわけで…。ウンチをキバリ中に、誰かがドアの外で待っている気配を感じると、やはり気持ちがザワツクわけです。

(他のトイレ空いてないのね・・・。ウンチ出たてホヤホヤのここに入るのね・・・。)

デパートなどのトイレでは誰かが待っていても、「臭くてごめんあそばせ~☆」と思いながら颯爽と出ていくのですが、さすがに職場だと顔見知りの人が待っていることも多々あるので、これまではお互い気まずい気持ちを抱いていました。

(用を足しドアを開ける)

(はっ!!総務の○○さんだわ…。ウンチしたのがバレる…。)

かおる子「おつかれさまです」(涼しい顔をしながら)

○○さん「おつかれさまです」

(トイレのドアが閉まる)

(きっと今頃、「かおる子さんウンチしたのね。く、くさい…」と思われているに違いないわ…。次会う時気まずい…。)

とこんな感じで、何歳になっても友人や知り合いがいる場所でウンチをする時って気をつかいますよね~。

小学生のウンチ事情

子どもって、「ウンチ」「ち○ち○」って言葉大好きですよね~。下の子を保育園に送迎すると、いつもクラスメイトの男の子たちが「ウンチ~」「ち○ち○~」と言いながら走り回っています。そして、それを見て「ち○ち○やって~」「うんちやって~」と爆笑しながら連呼する娘。令和の時代になっても、「うんち&ち○ち○」は子どもにとって最強キーワードであり続けています。

さて、話を戻しますが、大人でも自宅外でウンチをすることに何かしらの抵抗感を感じるのですから、多感な子ども達はさらに強い抵抗感や恥ずかしさを感じるのは容易に想像できます。

小学生の半数以上が学校でウンチをしない!?

日本トイレ研究所が2017年に公表した「小学生の排便と生活習慣に関する調査」によると、「学校のトイレでうんちをしますか」という質問に対し、51.3%が「まったくしない」「ほとんどしない」と答えたそうです。

さらに、調査対象の小学生の6人の1人が便秘で、便秘予備軍(軽度の便秘)を含めると3人に1人の割合だったそうです。

ウンチをするとからかわれる

同調査で「学校でウンチがしにくい」と答えた小学生に理由を尋ねると、

「友達に知られたくないから」が57.0%

「落ち着かないから」が49.2%

「うんちをすると友達にからかわれるから」が34.9%

「和式便所だから」が29.3%という結果でした。

我が家の小3の息子は、「今日学校でウンチ出たわ」と時々言っているので、まだ学校でウンチをすることにそこまで抵抗感は抱いていない様子です。

でも、男子は特に、個室に入るとそれだけで「あいつはウンチをするんやな」とわかってしまうので、高学年になるほど行きづらい気持ちになってしまうのかもしれません。

臭いだけでも完全に消す

小学校で男子トイレの個室化が進みつつあるそうですが、まだまだすべてのトイレとまではいかない中、せめてウンチ特有の臭いだけでも消失することで、「学校でウンチ」に対するネガティブイメージを払拭できたらいいですよね。

携帯型消臭スプレー

先日、スーパーで買い物をしているとたまたま見つけました。ズバリ、トイレ用の携帯型消臭スプレーです。

メイク道具のような可愛さ♡
実態は、「消臭力」の携帯用消臭スプレー

早速購入し、職場のトイレで使ってみました!いつものようにウンチをした後、シュッシュッと数回噴射。すると、たちまちトイレ一帯が爽やかなせっけんの香りに包まれるではありませんか!「エアリーサボンの香り」というだけあって、なんと清々しい心が弾む香り!さすが、「消臭力」なだけはある!

いやでもね、自分のウンチってなぜかあまり臭く感じないじゃないですか。(自分のオナラも) そこで、ちょっと実験をしました。ウンチが臭くて臭くてたまらない我が家の長男がウンチをした後にこの携帯型消臭スプレーを噴射してもらい、出てくるや否やすぐにトイレに駆け込んで臭いを嗅いでみました。

するとどうでしょう。

爽やか~清々しい~香りが、トイレ一帯に漂っているではありませんか!!

ウンチ臭なんて、微塵も感じません!!あれだけ臭いウンチなのに、完璧に消臭できています!これはすごい!!もうね、トイレの中心で愛を叫びたいくらいの胸の高鳴りを感じました!!

私はこれを手に入れて以来、職場でウンチをすることがとっても楽しみになりました♡ウンチの臭いを爽やかな香りに変えてくれるので、誰かがドア前で待っていても安心して落ち着いてウンチをすることができるようになりました。

痔対策にもなる

数年前働いていた職場がとにかく忙しくて、トイレにもゆっくり行けない状態でした。なので、便意を催すと、ダッシュでトイレに行き、ダッシュで用を足す必要がありました。ダッシュでウンチをする生活を数年続けた私は、手術が必要なくらいの痔になりました。イボ痔というやつで、ぴょこっと出たイボが飛び出したまんまなんです(恥ずかしい…)

結局、痔の手術を受けました。素っ裸で手術台に寝かされ、肛門部分だけ穴の開いた手術用のカバーをかけられ、医者がイボを電気メスで切り取り、そして仕上げにこれでもか~ってくらい肛門をグリグリされました。術後の痛みと言ったらもうすごかったです…。ウンチをする度に、傷口の痛みで失神しそうになりました。もう二度と痔の手術は受けたくありません。

私が痔になった理由を主治医に聞くと、ウンチを急いで出そうとすると、肛門にとても負担がかかるそうで、ウンチの時はしっかり肛門を開いて、力み過ぎずに、スルっと勝手に出てくるのをしっかり待つことが大切なんだそうです。ウンチが出ないからと言ってずっとトイレでキバり続けるのもダメですよ!!

友達や知り合いにウンチをしたことがバレたくないからと、急いでウンチをすることは、痔への階段を確実に上ることになります。携帯型消臭スプレーがあれば、少しでも落ち着いてゆっくり用を足せるのではないかと思います。

オシャレなものがいっぱいある

私が買ったのは、消臭力の「気くばり女子のトイレミスト」というやつです。エアリーサボンとホワイトブーケの2種類の香りがあります。一見しただけでは消臭スプレーとわからないオシャレな外観が素敵です☺

スプレータイプではなく、1滴ずつたらすタイプのものもあるみたいです。

パッケージがシンプルなものもあります。

無香性のものがいい方にはこれ。

さいごに

携帯用の消臭スプレーはどれもコンパクトなので、ポーチだけでなくポケットにもすっぽり入ります。1本持っておくだけで、突然の便意にも安心して対応できますよ☺

本当は、こんな消臭をしなくても、「ウンチをすることは全然恥ずかしくないこと」という認識が学校にも社会全般にも定着したら一番いいんですけどね。